FC2ブログ
姫とボイン 発売中

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

G.J? 姫とボイン 感想と評価

姫とボイン 感想と評価
姫とボイン
姫とボイン
posted with amazlet at 09.06.12
G.J? (2009-04-17)



概要
G。J?より発売されているアダルトゲーム作品。
~~とボインシリーズでは、3作品目となる。


異世界につながるタンスより、現れたメイド姿のえつこが、振られることの回数が30回を超えている以外は、平凡な高校生の主人公を、王国を左右される王子として、代わりを務めてくれないかと頼まれ、王になるにあたって姫選びに参加することになることから始まるストーリー。


プレイした人(管理人)より

≫ 続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 18禁ゲーム | 21時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガイアの夜明け ようこそ 新エネルギー時代 ~“使うだけ”から“作る”生活へ 感想

ガイアの夜明け (2009年6月16日放送)

ようこそ 新エネルギー時代
~“使うだけ”から“作る”生活へ

金融危機、そしてオバマ大統領誕生によって、今、世界に革命が起こっている。それは、石油に頼らない再生エネルギー経済の創出。アメリカは、グリーン・ニューディール政策で景気回復と雇用の創出を虎視眈々と狙う。一方、日本でも、新エネルギーへの取り組みが次々と始まっていた。古くから開発が進んでいた太陽光や風力は、更なる普及に向けての努力が実を結び始めていた。そして・・・新しいエネルギー源は、まだまだあった! 我々の家庭で使う電力の自給自足も夢ではない。不況下で動き始めた、日本版グリーン・ニューディールの現在を追う!

以下個人感想

≫ 続きを読む

| ドキュメンタリー | 22時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーフ フルアニ 感想

フルアニ 感想

フルアニ
フルアニ
posted with amazlet at 09.06.28
リーフ (2006-07-28)
おすすめ度の平均: 2.0
3 今後に期待
2 少々…
3 素直な感想
2 みつみファンなら・・・
1 アニメ以外に褒めるべき要素がない



フルアニ デモ


概要

2人打ちの脱衣麻雀。全編がアニメーションで表現されている。
全登場キャラクターの設定やデザインはみつみ美里氏が担当している

作成元:Leaf

≫ 続きを読む

| 18禁ゲーム | 22時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

龍が如く 無限お金稼ぎ法、おすすめ攻略法

PS2ソフト 龍が如くのお得な小ネタ


☆お金稼ぎについて

サイノカワラの賭博場が利用できるようになったら、
お金をすべてコインに変えてまず、ルーレットで二倍にMAXベットしましょう。
(色、奇数偶数など)9999枚がMAXですが、
9999枚で約100万なので序盤ではできるだけのコインをコインに変える。
ここで反対側のコロシアム(地下闘技場)でセーブする。
当たれば、セーブ、外れればリセット(セレクトでオープニングにできる)をする。
後は賭ける場所を増やす。

≫ 続きを読む

| 一般ゲーム | 13時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 ナショナル・トレジャー感想

ナショナル・トレジャー 特別版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-07-07)
売り上げランキング: 2261


概要
歴史学者であり冒険家のベン・ゲイツは、海泡石のパイプを発見し、「アメリカ独立宣言書」に隠された秘密の先にめぐる、巨万のお宝を探し、見つけ出すトレジャーハント系の冒険アクション映画。
くわしくは、ウィキペディア

以下個人的な感想

≫ 続きを読む

| 映画 | 20時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 トランスフォーマー感想

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2007-12-19)
売り上げランキング: 4326


概要
もともと日本国内でタカラ(現タカラトミー)から販売されていた『ダイアクロン』、『ニューミクロマン』シリーズの内、後期に展開した変形ロボットをアメリカのハズブロ社が業務提携し、他社の変形ロボット玩具と共に『TRANSFORMERS』として販売したものが北米を中心に大ヒット、それを日本に逆輸入したものが『トランスフォーマー』シリーズである。

くわしくは、ウィキペディアで

以下個人的感想

≫ 続きを読む

| 映画 | 16時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

≪当サイトの内容について≫
未成年の方にはこの好ましく内容が含まれていますので、未成年の方は閲覧しないようお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。