FC2ブログ
姫とボイン 発売中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-感想と評価

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-

概要
人間の本能、本質に問いかける、大人のためのサイコ・サスペンス。
4日間の拉致後、溺死させ、その手に折り紙を残す奇怪な「折り紙殺人鬼」。
事件の真相を追う4人の主人公達は、それぞれ過酷な状況の中で様々な選択と決断を迫られていく。

その決断を、人は許すだろうか? あなたは、許せるだろうか?
「ゲームオーバー」という概念を取りはらい、
すべての言動、行動の結果、そして最後の結末を、
あなたはその心で受け止めなければならない。

豊かな感情体験と挑戦的なテーマで、
大人が楽しめるPlayStation3専用ソフトがここにも!
http://wiki.livedoor.jp/heavyrain_jp/


評価一覧
☆点数評価:76

☆シナリオ:8
要所要所で気の抜けないシーンが連続し非常に面白い。
☆グラフィック:8
とてもきれいな画面。特にOP前の家の描写はすごいものがある。
☆エロ:4
北米版ではないので、エロいシーンは無いです。
☆音楽:8
主人公(イーサン)の心情をよく表してした音楽が使われている。
特に、息子と家でのやり取りあたり~
☆ボイス:8
極限の心理状態、精神状態で演技がすごくいい。
☆効果・演出:9
心情を表しかたが非常にうまく演出した作品だと思う。
☆ゲーム性:7
ある意味コマンド型で、マルティエンディングであるが、
決断における心情の表し方が、非常に斬新だった。
☆システム:8
ある決断によりストーリーが進み、影響してくるという点は、
よくありますが、ここまで映画の主人公たちの視点から、
心情を共にできるシステム、演出には脱帽しました。


☆総評☆
映画の世界を自分自身が操作し、関わってくる。
それがこの話、このゲームの醍醐味ではないかと思う。
PS3の豊かな映像の素晴らしさもあるのですが、
細かな動作においてさまざまなコマンドテスト的な使い方があり、
その点も、自分が参加しているという意味で、
うまく引き込まれていくように仕向けていると思う。

演出やシステムがよく、主人公(特にイーサン)の心情が伝わり、
重要な決断をしなければならない個所が何点か出てきますが、
それに対しての主人公の動揺、葛藤、うまく描かれているし、
それを自分自身で表現し、体感するというのが良かった。

最後まで至るストーリーについても、
なぜこのような事が起きてしまったのか、
納得のいくものだったし、終盤にかけて
うまくそれぞれの人物がからんでくる点も評価できる。

あまりゲームをするという感覚ではなくて、
物語、映画に参加するという意味でも、大人がやっても
楽しい作品ではないかと思うし、

このゲームの最大のテーマである。

『愛する息子の為に、あなたは命をかけることができますか』

という事に対しても、大人がやってもいいテーマではないかと、

すごく感じました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 一般ゲーム | 18時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://oblivionplay.blog39.fc2.com/tb.php/109-25b91baa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≪当サイトの内容について≫
未成年の方にはこの好ましく内容が含まれていますので、未成年の方は閲覧しないようお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。